首から後頭部の痛み

逆流性食道炎の症状で来院された63歳の女性。

1日中気持ち悪かった逆流性性症候群の症状は2〜3回であっという間に良くなったら

他の症状の相談を受けた。

首の後から後頭部にかけて重い痛みが強く、ひどい時は寝ていても後頭部の痛みで目

が覚めてしまう。

この女性はご主人の経営している会社の仕事を手伝っていて、仕事場と自宅の2階を

行ったり来たりしていることが多い。電話の取次で急いだために何回か2階の階段か

ら落ちて背中や腰や尾てい骨を打っている。

首の後ろの痛みと後頭部の痛みは、階段からの落下と関係があると思い

背骨を押すと5〜6箇所で圧痛があり、それらの骨の歪みを改善したら

夜、寝ていても起きていた後頭部の痛み、首の後ろの痛みはすっかり無くなった。

多分、落ちて打った衝撃で脊髄を包んでいる膜までが歪んでしまい、それで固定され

てしまっていたのだと思う。

これには後日談があり、

ずっと頭も首も痛みがなく快適だったのだが、コロナのワクチンを打った翌日から痛

みが出てしまい、1週間その痛みが続いたそうだ。

 

頭痛について詳しくはこちら

頭痛

この記事に関する関連記事