肋間神経痛

肋間神経痛

  • 胸や脇腹あたりが、刺すように痛む
  • 咳やくしゃみをしても痛む
  • 心配で検査しても内臓は大丈夫と言われる
  • 突然に痛くなる
  • パソコンなどずっと座っていると背中が痛む
  • 寝返りしても痛くて良く眠れない

肋間神経痛とは、どんなものなのでしょうか?

体をひねったり、姿勢を変えたり、ずっと同じ姿勢で座っていたりする時に、胸やわき腹に刺すように痛むのが肋間神経痛の特徴です。

肋間神経は、背骨を出て肋骨と肋骨の間を通って胸の中心まで走っています。

背骨が歪んだりして肋骨がずれてしまい神経が圧迫されると肋間神経痛は起こりやすくなってしまいます。

最近、重い物を持ったとか、同じ姿勢で身体を緊張させて仕事をしてた。など身体を酷使した後に症状が出ることが多いです。

帯状疱疹や肺炎、肺癌、胸膜炎などの疾患で肋間神経痛が現れることもあるので、自己判断せずに病院で診てもらう事が必要な場合もあります。

肋間神経痛にはなりやすい人に特徴があります。

・ホルモンのバランスが取れにくい中年の女性

・重いものを持ったり、ハードな運動をしたりする人

・ストレスを貯めやすくいつも緊張気味の人

・デスクワークでじっとして下を向いてる時間の長い人

また、帯状疱疹や肺炎、肺癌、胸膜炎なども肋間神経痛が出ることがありますので、病院で診てもらう事も大切です。

 

 

なぜ、あなたの肋間神経痛は、今まで改善できなかったのでしょうか?

一般に行われている肋間神経痛の対処法とは?

病院では、まず安静にしていることを指導されます。

それでも改善されない場合は、痛み止めの薬やブロック注射で痛みを消してくれます。

整骨院では、痛みの出る場所に電気治療をしたり、痛みの出ている周囲をマッサージしたりしてくれます。

肋間神経痛になってしまう本当の原因は?

それは、身体の歪みにあります。

肋間神経は、背骨から出て肋骨と肋骨の間を通って胸の方まで伸びている神経です。そのため肋骨がゆがんだり、肋骨の間の筋肉が硬くなると圧迫されて肋間神経を出します。

骨の絵を見てもらうとわかりますが、体全体はつながっています。肋骨は背骨にくっついています。土台である骨盤がゆがんでも肋骨も一緒に歪みますし、首や頭蓋骨がゆがんでも肋骨は影響を受けて歪んでしまいます。

また、内臓の調子が悪くなっても肋骨は歪みます。例えば肝臓は調子悪くなれば、硬く重くなりますので肋骨は右に歪んでしまいますし、胃の調子が悪ければ胃はむくみますので左に肋骨は歪んでしまいます。

肋骨や骨盤の歪みを取って背骨を正常な状態にしてやり、背骨や肋骨についている筋肉を柔らかくして、血液の循環をよくしてやる事がとても大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加