抗生物質も効かなくなった副鼻腔炎

副鼻腔炎の症状で来院された40歳の女性の患者さん

今まで6回副鼻腔炎にかかっていて、いつもは薬でよくなるのだが今回は薬が効かなくなっていて

抗生物質を飲んでみたけれどやっぱり効かなくてどんどん悪くなってしまっている。

症状は、鼻がつまり苦しくて息がしにくい、匂いも味もわからなくなって食事がおいしくない。

副鼻腔炎とは関係ないけど体調がどんどん悪くなってきて

なぜか咳も出やすくなって食べ物の刺激で咳き込んでしまうし

ドキドキと動悸もするようになったり

冷たい物を飲むと胸がゼイゼイして苦しくなるようになってしまった。

この患者さんを診た時に姿勢の悪さがとても気になりました。

それは、顔の歪みもとてもきになったのですが、首がストレートで前に傾いて、お尻が後ろに出っ張ってしまった姿勢。

人間が健康でいられる姿勢のS字カーブ崩れてしまって

首はストレートで前に倒れていて、背中は前カーブ、腰は後ろカーブと逆カーブで体調が悪くなる姿勢になってしまっている。

副鼻腔炎は、炎症が治らないということだから免疫力の低下、体力の衰えが必ず根底にあります。

S字カーブが崩れると身体のバランスが悪くなって、重たい頭を支えるために頭の付け根、首の付け根、胸のあたりが必ずこって

硬くなってきます。

横隔膜も動きづらく、呼吸も浅く、全身が酸欠で免疫力が落ちます。

副鼻腔炎について詳しくはこちら

副鼻腔炎