起立性調節障害

起立性調節障害

  • 朝、起きれない
  • 目が覚めても頭痛や腹痛で寝床から出られない
  • 動悸や息切れをしやすい
  • 疲れやすい
  • 朝起きてすぐに食事が食べられない
  • 午後になると体調が良くなる
  • 失神発作を起こしてしまう
  • 夜はなかなか眠れない
  • 顔色が悪い
  • 食欲が無い

起立性調節障害ってどんなものなの?

学校に行きたいのに、朝起きれない。起きれても頭痛とか体調が悪くなって行けなかったり、早退してしまう。このままずっと学校に行けないんじゃないかと悩んでいるお子さん、親御さんが増えています。

現在、起立性調節障害の子供は小学生・中学生・高校生の10パーセントにみられるとされていて、不登校で社会問題にもなっています。真面目で周囲の期待に応えて頑張ろうとするお子様に多い傾向がみられ、心理的な要因が関与している場合はそのサポートも必要となります。

起立性調節障害の症状は、学校に行けない・頭痛・腹痛・ふらつき・立ちくらみ・睡眠障害・気持ちの悪さ・モヤモヤ感・ボーっとする、呼吸が浅い・階段を上がると息が上がる・体のだるさ・疲労感・胃の不快感・動悸・息切れ・腹痛など症状は様々です。

しかし共通しているのが、朝は調子が悪いが、午後になるとだんだん調子が良くなってくるという事です。これは、自律神経が乱れているために副交感神経と交感神経が切り替わる時間が5時間ほど遅れてしまっているためと言われています。

起立性調節障害は、一般にはどうやって治療しているの?

病院では、生活面での指導や学校への対応のアドバイスをしてくれます。

また、心理面のカウンセリングをしてくれたり、お薬で体調を整えてくれたりします。

起立性調節障害の本当の原因は?

起立性調節障害の原因は、自律神経の乱れにあります。

その自律神経の乱れを作り出してしまうのが、身体の歪みなのです。

自律神経には、副交感神経と交感神経とがあります。交感神経は、主に背中の骨の両脇にそって並んでいます。副交感神経は、首と骨盤の骨に沿って並んでいます。身体が歪むとこれらの骨が歪むので、交感神経も副交感神経ダメージをうけてしまい、正常に機能しにくくなってしまいます。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加